ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」

ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」

ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」

ダンスチャンネルに「バレエ公演」が初登場!世界の有名バレエ団の人気演目を放送します。
バジルとキトリの恋物語『ドン・キホーテ』ロイヤル・バレエ団!

ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」

2013 イギリス 時間 HD

出演者:

ジャンル:

海外 バレエ 舞台 振付 

Onair Schedule
オンエアスケジュール

6月
2021 June

15(火)16:30-

7月
2021 June

4(日)15:00-

番組表はこちらから
バレエ『ドン・キホーテ』はセルバンテスの長大な原作の中から、その一部「バジルとキトリの結婚物語」のエピソードを取り出してバレエに仕立てたものです。当然主役は若い恋人たちであり、彼らの美しい踊りが中心となります(もちろんドン・キホーテの有名な「風車のエピソード」も上手く盛り込まれているのでご安心ください)。
ここで引き締まった肉体を存分に使ってバシリオ(バジル)を踊るのが若きキューバのダンサー、カルロス・アコスタです。彼は黒人系として始めてこのバレエ団のプリンシパル・ダンサーとなった逸材であり、そのアグレッシヴなダンスは全世界のファンを完全に魅了しています。彼はこの上演で全ての振り付けと演出を担い、思うがままの素晴らしい舞台を作り上げることに成功しました。キトリを演ずるのは、アルゼンチン出身、ロイヤル・バレエのプリンパル・ダンサーであるマリアネラ・ヌニェス。ティム・ハトリーによるヴィヴィッドで美しい舞台デザインをバックに輝かしい肢体が舞い踊ります。またエスパーダ役には日本の注目ダンサー、平野亮一を起用。恵まれた長身をフルに生かしたダイナミックな舞いは、他の出演者とは一線を画すものです。

【収録情報】
・バレエ『ドン・キホーテ』 プロローグと2幕

Cast
出演

振付・演出:カルロス・アコスタ(マリウス・プティパ振付に基づく)
デザイン:ティム・ハトリー
音楽:レオン・ミンクス
出演:
キトリ:マリアネラ・ヌニェス
バシリオ:カルロス・アコスタ
ドン・キホーテ:クリストファー・サンダース
サンチョ・パンサ:フィリップ・モスレイ
ロレンツォ:ギャリー・エイヴィス
ガマーシュ:ベネット・ガートサイド
エスパーダ:平野亮一
メルセデス:ローラ・モレラ
演奏:コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
指揮:マーティン・イェーツ
映像監督:ロス・マッギボン
収録場所:ロンドン、コヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウス(ライヴ)

Photo Gallery
フォトギャラリー

ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」 ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」 ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」 ロイヤル・バレエ団 「ドン・キホーテ」

Youtube
動 画


(C) ROH Johan Persson 2013

Pickup
おすすめ番組